toggle
2021-06-03

目指せ!!ステージアップ🎶

「先生に出会えてよかった!!」子どもたちと向き合い、一人ひとりが自信を持ち、みんながリトルピアニストになる。まえやま音楽教室の前山恵里です。

先日 大阪の西川奈緒美先生(ショパンコンクールの審査をはじめ、たくさんのピアノコンクールの審査をされている先生です)の指導を受けられる「アドバイスレッスン」がありました。

この会は、昨年からコロナの影響で発表会やコンクールがなくなり、人前で発表する機会がなくなった子供達のために、西川先生が、先生の元で指導を学ぶ講師の生徒のために企画してくださった会です。

不定期ではありますが、先生のご指導はもちろん、他のピアノ教室の先生の生徒さんの演奏も聞け、参加した生徒はもちろんのこと、私自身も指導のヒントや生徒の新しい一面を発見でき大変勉強になりました。

1時から6時の長時間、休憩10分と言うハードなスケジュールの中、西川先生は、生徒一人につき15分と言う限られた時間で、生徒の個性を見抜き的確なアドバイスをされます。

同じ曲、目指すゴールは一つ。
それなのに、それぞれの生徒に伝わるよういく通りも指導の引き出しがあり、毎回先生の凄さを痛感した貴重な学びの機会をいただいています。

私たちピアノ講師は、それなりに演奏はしてきた者です。そして演奏するための教育はたくさん受けてきました。しかし、指導者になる教育は受けてないというのが本当のところです。
私はなんとなく音楽を作れる「感覚派」の人間でした。

そんな私が「ピアノの先生」になった時、当たり前ですが、ドレミの音も知らない子たちにそこから教えないといけないことに、また、「こんな感じで弾くよ」が通じない時、なんて伝えたらいいんだろうと思考が固まった時もありました。

もちろん生徒のおかげで 成長できた事実もあります。
でも、「ピアノの先生」として指導の勉強をはじめてから、伝わりにくかった生徒の成長が早くなっています。

生徒たちが行き詰まらず、「弾けた!!」と喜ぶ姿がとても嬉しい今日この頃です。

次の会までに、また一つ指導者として成長できるよう先生から気付かせていただいた「愛情」と「できない子はいない」と言う気持ちを持って毎日のレッスンをしていこうと思う日でした。

ありがとうございました。

お問い合わせ メールフォーム は こちら
関連記事